診療科・部門一覧

内科 - 血液内科

血液内科

血液内科では、リンパ節腫脹やM蛋白出現などの異常を認めた方、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病など血球減少を来す疾患の方、急性白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの腫瘍性疾患を発症された方など、多様な症状やご病気に対して診療にあたらせていただいております。当院では血液検査や画像検査、骨髄穿刺・生検検査などを速やかに実施する環境が整っていますので、さまざまな血液疾患に対する診断を速やかに行い、病状に応じて最適な治療を行っています。標準的な治療に基づきつつ、必要時は九州大学病院や九州がんセンターといった福岡県がん診療連携拠点病院や近隣病院と連携して、臨床治験のご紹介などもさせていただいております。

化学療法

また近年は従来の抗がん剤治療に加えて、抗体製剤や分子標的治療薬など新規薬剤も多く登場しており、病状のコントロールを行いながら持続的に加療していく機会が増えています。外来で日常の生活を送りながら、治癒や生存期間の延長を目指した化学療法(抗がん剤を用いた治療)を通院で行うニーズが増しており、化学療法内科として他の診療科とも連携しながら適切な外来治療の提供にも務めています。

ページTOPへ