診療科・部門一覧

眼科

当科の特徴

眼科では白内障、緑内障などの代表的な病気の治療、手術をはじめ、その他さまざまな眼の病気に関する相談を幅広く行っています。

例えば軽く考えられがちな眼鏡による矯正についても、分かりやすく説明することに努めています。緑内障では不安に考えられる患者さんも多く、詳しい説明で病気の理解の手助けをいたします。白内障の患者さんについては手術の適応の見極めはもちろん、安全な手術を心がけています。

最近増えている糖尿病の患者さんは定期的な通院が必要ですが、糖尿病コントロールの重要性や糖尿病網膜症について詳しくお話し、治療の時期を逃すことのないよう尽力しています。

また、アトピー性皮膚炎の眼合併症です。近年白内障、網膜剥離の合併が多いことが明らかになっており、特に顔の症状が強い方は検査を受けておいた方がよいでしょう。

当科の実績

2015年 外来患者数と紹介率・逆紹介率の年次推移

外来患者数と紹介率・逆紹介率の年次推移

視野検査数の年次推移

表1 レーザー治療の年次推移

2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
糖尿病網膜症 36 38 45 38 48 28 47
網膜静脈閉塞症 4 7 5 11 14 5 9
網膜裂孔、円孔 5 6 6 12 10 17 13
閉塞隅角緑内障 5 3 2 4 3 3 3
後発白内障(YAGレーザー) 24 32 23 28 22 27 29
総数 74 86 81 93 97 80 101

表2 手術件数の年次推移

2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
白内障手術(%) 255(93) 232(92) 259(90) 303(96) 254(89) 330(92) 338(93)
緑内障手術 4 5 5 2 6 4 4
硝子体手術 5 2 0 0 0 1 1
網膜復位術 2 0 0 1 0 0 0
翼状片手術 1 1 1 1 2 1 0
斜視手術 2 5 4 0 6 4 4
眼瞼下垂 0 0 5 3 7 7 5
その他 11 9 10 3 9 13 11
総数 280 254 284 313 284 360 363
ページTOPへ