診療科・部門一覧

整形外科

当科の特徴

整形外科は、水内・屋良を中心に7名の医師が、関節・四肢の骨・脊椎といった運動器の疾患や骨折などの外傷の診療・治療を行っています。小児から高齢者まで幅広い年齢層を対象とし、頚椎、胸腰椎といった体幹から、手足の指先まで多くの部位の疾患を扱い、特に下肢関節外科と骨折外傷に力を入れております。

下肢関節外科は、膝および足に関する疾患・スポーツ外傷などでお困りの患者さんが、安心して治療にのぞんでいただけるよう2020年4月より関節外科外来(月曜・木曜)を開始しました。変形性関節症、外反母趾などの変性疾患に対して人工関節、骨切り、関節固定などを、またスポーツ外傷・障害に対して関節鏡などの手術を、水内が九州大学整形外科膝関節班・足の外科班のチーフとして勤務した豊富な経験を生かして行っております。手術のみならず、扁平足やO脚・X脚などの下肢障害の治療として、足底板(インソール)の作製を理学療法士の野田を中心に、一人ひとりの足にあわせてすべて手作りで行っております。

骨折外傷は大腿骨頚部骨折や四肢骨折のみならず、当院が福岡地区第3次救急施設であるため、多発外傷、骨盤骨折などの重篤な外傷も多く、日本救急医学会専門医の資格を持つ屋良を中心に様々な手術を行っております。

当科では月曜~金曜午前に新患外来診療を行っております。お困りの症状がございましたら、紹介状をご持参の上ご来院ください。ご予約は不要です。

※当院では、「日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究」」に協力しています。


ページTOPへ