病院について

当院の取組み

取得している認証について

ISO9001認証

ISO9001認証書

2014年、国際規格であるISO9001の認証を受け、良質で安全、安心の医療サービスを適切に提供するための仕組みができました。今後も継続的な改善に取組み、さらなる医療の質の向上を目指してまいります。

ISO管理責任者 副院長 落合 利彰
副院長 大倉 章生

規格ISO  9001:2015,JIS Q9001:2015
認証範囲  医療サービス
認定機関  JAB

日本国際病院(JIH)

JIH認証書

一般社団法人 Medical Excellence JAPAN(MEJ)の審査を受け、日本国際病院(ジャパン インターナショナル ホスピタルズ:JIH)に認証病院として認められました。
これは治療や健診など外国人受診者受入れに適した医療機関として、受入れ体制や取組みを評価されたものです。海外からの渡航受診者にも安心・安全で質の高い医療サービスを提供できるよう邁進してまいります。

Medical Excellence JAPAN (MEJ)のホームページはこちら
Japan International Hospitals (JIH)のホームページはこちら

Medical Excellence JAPAN(MEJ)は、政府と協力して日本の医療の国際展開を推進するため、経済産業省の支援を得て設立された一般社団法人です。

医療従事者の負担軽減及び処遇改善に関する取組み

当院では医療従事者の負担軽減及び処遇改善のため、下記の項目について取組みを行っています。

1.外来縮小の取組み

  1. 1.外来診療時間の短縮
  2. 2.土曜休診
  3. 3.地域の他の保険医療機関との連携

2.業務分担

  1. 1.看護補助者、病棟クラーク、外来クラーク、医師事務作業補助者の配置
  2. 2.看護師等による静脈採血の実施
  3. 3.薬剤師による服薬指導
  4. 4.臨床工学士等による医療機器の管理
  5. 5.CST、RST、DM等チーム医療によるサポート体制の充実

3.妊娠・子育て中、介護中の職員に対する配慮

  1. 1.病児保育所の設置
  2. 2.夜勤の免除制度
  3. 3.半日・時間単位休暇制度
  4. 4.所定労働時間の短縮
  5. 5.他部署等への配置転換
  6. 6.男性職員の育児休業取得率向上を図っていく

4.勤務処遇改善

  1. 1.時間外労働が発生しないような業務量の調整
  2. 2.夜勤回数の上限設定
  3. 3.交替勤務制など多様な勤務形態の実施
  4. 4.連続当直を行わない勤務体制の実施と当直翌日の業務内容に対する配慮
  5. 5.予定手術前日の当直や夜勤に対する配慮
  6. 6.年休取得率の向上(年5日以上の取得を義務とし、全職種40%超の取得率を目指す)
ページTOPへ