病院について

地域活動

当院は「地域の皆様や先生方に信頼され、真の満足をしていただける病院づくり」の理念の下、地域に貢献できることは何かを常に考えながら、さまざまな地域活動に取り組んでいます。

小呂島診療

小呂島診療

当院では昭和36年に、小呂島で小中学生の歯科診療・歯科検診を開始しました。昭和45年には年1回、全科が参加する定期診療に発展し、現在では健康診断を主目的とした定期診療として受け継がれています。昭和51年からは月に1回ヘリコプターで医師・歯科医師などを派遣し、診療を行っています。加えて、毎年6月には医師・看護師・薬剤師・検査技師・事務スタッフなど20人余りで定期診療を実施しています。

健診内容は、身体測定・血液検査・尿検査・心電図・腹部超音波検査・視力検査などで、毎年100人ほどの方が受診されます。このように島民のみなさまの健康管理を支援しています。

※福岡市西区小呂島(姪浜から約45キロ、福岡市市営渡船にて約65分、人口は200人ほど)
※この事業は福岡市健康福祉局・港湾局及び小呂島漁協・婦人会・青年団などのご協力をいただき、実施しています。

健康教室

当院は地域医療支援病院として、市民のみなさまへ病気の予防や医療情報を提供することで、市民の健康増進に寄与するよう努めています。地域活動の一環として、公民館などで健康教室を開催しています。ご希望があれば少人数(10人程度)でも伺いますので、以下の要領でお気軽にご相談ください。

<健康教室の依頼について>
開催可能日:平日の10時~17時
時間:1時間~2時間程度
費用:無料(交通費も不要)
会場:依頼者さまでご準備をお願いします

ご依頼の際は、地域医療連携室までご連絡ください。福岡市内でしたら、どこへでもお伺いします。その他の地域でもご相談に応じますので、まずは一度お電話ください。

お問い合わせ先:済生会福岡総合病院 地域医療連携室 092-771-8151(代表)

市民公開講座

市民公開講座

当院では、病気に関する情報を市民のみなさまに広く啓蒙する場として、市民公開講座を開催しています。がんや脳卒中、心臓病や生活習慣病など、専門の医師や関連のある医療技術職を講師に毎回好評を得ています。
地域の医療機関にご協力いただき、福岡市中央区に限らず西区や東区でも開催しています。

<市民公開講座について>
日程:不定
場所:さいとぴあ(西区)、なみきスクエア(東区)など
テーマ:脳卒中や心臓病など、その時々のトピックス
※参加無料、事前予約不要

救命救急プロジェクト

「もし、目の前で人が倒れたら...」一次救命処置が行われるかどうかで、救命率に大きな差が出ます。市民のみなさまにその重要性を知っていただきたいという願いでイベントを開催しています。医師によるミニレクチャーや有資格看護師による心臓マッサージ、AEDの使用方法、健康栄養相談も実施しております。

<救命救急プロジェクトについて>

日程:不定(5月、9月)

場所:大丸福岡天神店 エルガーラ・パサージュ広場

内容:救急科医師によるミニレクチャー
   BLS(一次救命処置)とAED(自動体外式除細動器)の使い方
   健康相談(身長体重・体脂肪・骨密度・血管年齢測定)
   栄養相談
※参加無料、事前予約不要

ページTOPへ