がん治療センター

PET-CT検査について

PET-CT

当院では2019年4月にPET-CTによるがん診断を開始しました。がんの早期発見、適切な治療選択に有用な検査です。

PET-CT検査とは

PETとは、Positron Emission Tomography(陽電子放出断層撮影)の略で、放射能を含む薬剤を用いる核医学検査の一種です。
同時にCTを撮影し重ね合わせることにより、高精度に位置合わせが可能になります。一度の検査でほぼ全身を調べられ、がんの早期発見、がんの進行(治療方針)、病期診断、治療効果判定に優れています。

検査のしくみ

PET検査は、「がん細胞が正常細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込む」という性質を利用して行う検査です。ブドウ糖と構造が似たFDG(フルオロデオキシグルコース)を静脈注射して、PETという装置で撮影します。FDGが多く集まるところがブドウ糖をたくさん消費している組織であり、がんや炎症などの活発にエネルギーを使っている部分を見つけることができます。

  • 肺がん症例

    肺がん症例

  • 肺がん転移症例

    肺がん転移症例

  • 提供:シーメンスヘルスケア株式会社

PET-CTの優れた特徴

  • ● 一度の撮影でほぼ全身を撮影できます
  • ● 今まで見つけにくかった小さな腫瘍も早期発見できます(臓器や部位等によっては、発見しにくいがんもあります)
  • ● 腫瘍の良性、悪性の判定、進行度の診断が可能です
  • ● CTを同時に撮影することにより、位置関係が明瞭となり診断の精度が上がります
  • ● 薬剤を注入後、検査台に横になり撮影するだけなので痛みや不快感も少なく、副作用もほとんどありません

検査当日の流れ(所要時間は3時間程度かかります)

  • 1.受付
    1階再来受付機で受付をした後、地下2階の放射線科受付までお越しください。その後、PET-CT室へ移動します。
  • 2.問診・お着替え
    問診後、検査着に着替えていただきます。金属・義歯等は外してください。
  • 3.注射
    血糖値測定後、検査薬FDGを静脈注射します。
  • 4.安静待機
    検査薬が体内に取り込まれるまで、約1時間安静にしていただきます。FDG集積には様々なことが影響しますので、読書やスマートフォン操作も控えていただきます。
  • 5.撮影(1回目)
    排尿後、検査ベッドに20分~30分ほど静止して撮影します。
  • 6.安静待機
    再度、約30分間安静にしていただきます。
  • 7.撮影(2回目)
    再度、検査ベッドに10分~15分ほど静止して撮影します。
  • 8.お着替え
    お帰りの準備をして、終了です。

PET-CT検査の注意事項

  • ● 検査前日と当日は激しい運動を控えてください。
  • ● 検査当日は予約時刻の5時間以上前から絶食にしてください。水やお茶は飲んでもかまいませんが、糖分を含む飲み物は飲まないでください。
  • ● 糖尿病の方は事前に当院担当医へお知らせください。原則として、絶食中は糖尿病治療薬の服用やインスリン注射は使用せずにご持参ください。糖尿病以外のお薬は通常通りに服用して結構です。
  • ● 検査終了後6時間程度は、できるだけ乳幼児や妊婦への緊密な接触は避けてください。

ご予約について

PET-CT検査の予約は個人様からのお申し込みはお受けできません。
検査を受ける際には、かかりつけ医の先生や医療機関からの紹介(電話予約)が必要です。電話予約後、必要書類をご持参の上、当院へお越しください。

PET-CT検査をご依頼いただく先生方へ

  • 1.電話にて直接お申込みください。
  • 2.予約担当者がその場で予約を入れ、検査の日時をお伝えします。
  • 3.「①診療情報提供書(PET/CT検査依頼書) 済生会福岡総合病院宛」をFAXしてください。その際、可能であれば
    ・CT、MRIなどの画像診断報告書
    ・病理組織診断報告書
    などを合わせてFAXしてください。
  • 4.以下の必要書類を患者さんにお渡しの上、検査当日、当院にご提出いただくようお伝えください。
    ・診療情報提供書(PET/CT検査依頼書)済生会福岡総合病院宛(原本)
    ・PET/CT検査予約票 患者様控え
    PET/CT検査をお受けになる患者様へ
    PET/CT(FDG)検査問診票

PET-CT検査のご予約、お問い合わせ

済生会福岡総合病院 放射線科
TEL:092-791-7356  FAX:0120-77-6609

受付時間:月~金曜日(平日)8:30~16:30

ページTOPへ