病院について

病院長のご挨拶

院長 松浦 弘

院長あいさつ ~済生の途を求めて~

 済生会福岡総合病院は大正8年に診療所として開設され、福岡地区でも有数の歴史ある病院として、天神の地で地域に密着した医療・福祉活動を推進してまいりました。

 病院概要にも記載しておりますとおり、「済生会」は明治天皇の「済生勅語」により「生活困窮者を済(すく)う」ことを目的に設立されました。以来、生活困窮者に対する無料診療、さらに戦後まもなくは、孤児や引き揚げ者の施設の診療を担い、その後は福岡の無医地区あるいは離島診療に積極的に参画し、諸先輩方は「済生」の途を歩んでこられました。

 現在、当院が所在する福岡・糸島二次医療圏は日本でも有数の充実した医療提供体制が確立されており、また行政の努力により無医地区も減少しています。当院に求められる役割も刻一刻と変化しています。

 当院の理念である「地域社会の皆さまや先生方に信頼され、真の満足をしていただける病院づくり」のもと、「良質で安全な医療を提供します」「救急医療を充実します」「高度専門医療を推進します」「地域医療連携を積極的に進めます」という4つの基本方針を掲げ、三次救急施設として救命救急センターの運営、地域医療支援病院としての医療連携強化、地域がん診療連携拠点病院としてのがん診療体制の整備などに努めております。

 地域社会に貢献し、生を救うという意味では、これらも新たな「済生」の途だと考えております。

 これからも移り変わる時代の中で、「当院に求められていることは何か」ということを常に考え、地域に根ざした医療を提供してまいります。

済生会福岡総合病院 院長 松浦 弘

病院長略歴

2017年4月1日現在

昭和54年年3月 九州大学医学部卒業
同年6月 九州大学医学部第二外科入局
平成2年2月 九州大学医学部 講師(第二外科)
平成2年10月 米国ハーバード大学に研究員として留学
平成3年12月 島根医科大学医学部 講師(第二外科)
平成6年4月 済生会福岡総合病院 外科部長に就任
平成12年4月      同    副院長に就任
平成29年4月      同    院長に就任
  現在に至る
所属学会 九州大学医学部外科臨床教授、熊本大学医学部外科臨床教授
日本外科学会(指導医・専門医)
日本消化器外科学会(指導医・専門医・消化器がん外科治療専門医)
日本胸部外科学会(認定医)
日本食道学会(評議員・食道外科認定医)
日本がん治療認定医機構(暫定教育医・がん治療認定医)
日本臨床外科学会
ページTOPへ