診療科・部門一覧

形成外科

当科の特徴

形成外科とは、創傷治癒専門の科として、主に整容的機能的障害を手術的に改善し、患者さんのQOLの向上を図ることを目的とした科です。よってその治療範囲は全身の多岐にわたり、具体的には以下のとおりです。

・顔面外傷・骨折および外傷後の変形
・瘢痕(瘢痕拘縮・肥厚性瘢痕・ケロイド)
・熱傷
・頭蓋・顔面・躯幹・四肢の先天的奇形(先天性眼瞼下垂、多指症、合指症など)
・良性腫瘍(あざ、ホクロ、粉瘤、血管腫など)
・悪性腫瘍切除後の再建
・難治性皮膚潰瘍
・その他(嵌入爪、巻爪、顔面神経麻痺、加齢による眼瞼下垂、腋臭症など)

以上の他でも、体表面に関することで何かありましたらお気軽にご相談下さい。

当科は他科と協診する機会の多い科ですが、それぞれの専門の科がチームとして一人の患者さんに接することによって、より質の高い医療の提供が可能になると考えます。高度で先進的な質の高い医療を実践する当院ですが、そのチームの一員として貢献していきたいと考えています。

ページTOPへ