病院について

平成27年度 済生会福岡総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 99 173 577 832 1148 1443 2608 2725 1854 354
平成27年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院は、地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院・3次救急施設として、幅広い疾患を診療しています。
年齢階級別の退院患者数をみると、60歳以上が6割を超えており、今後はさらに高齢化の傾向が続くと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 164 11.1 14.34 12.2% 71.2
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 110 12.2 15.35 2.73% 63.6
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 103 19 21.69 52.43% 82.5
内科では内分泌・代謝、消化器(消化管、肝胆膵)、呼吸器、血液、腫瘍、感染症、膠原病、腎臓など多岐にわたる疾患を診療しています。症例数では急性疾患である肺炎、糖尿病が症例数のトップ3でした。救急から待機的な治療までを行っている当科の現状を反映していると考えます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 474 3.6 4.87 0.42% 68.1
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 353 2.4 3.07 1.13% 66.6
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 212 4.6 5.68 0% 62.7
循環器内科で治療をしている主な病気は、狭心症・心筋梗塞などの虚血性心臓病、頻脈性および徐脈性の不整脈、下肢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)、心不全などです。
それらの病気で多いのは虚血性心臓病であり、その中で最も多いのが狭心症です。狭心症では、胸痛などの自覚症状がある場合や、自覚症状がなくても心筋虚血(心臓の酸欠状態)が検査で証明された場合には、経皮的冠動脈形成術(PCI:いわゆる風船治療)をお勧めしています。 2015年の当院の実績では、PCI治療の約90%で風船による血管拡張後に冠動脈ステント(金属でできた網目の筒)の留置が追加されました。留置されたステントは、全て薬剤溶出性ステントでした。
PCI治療してから6~12ヶ月が経過すると、5~10%の患者さんでは冠動脈ステントを留置した部位が閉塞(再狭窄という)します。そこで当院では、ステント留置部に再狭窄を来していないことを冠動脈造影(入院検査)で確認するために、御高齢や腎機能障害などの制約がない限り、 PCI治療8ヶ月後に再入院していただいています。
循環器内科では、不整脈の特殊治療として、経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)を行っています。治療対象の不整脈は、発作性上室性頻拍・心房細動・心室頻拍・心室性期外収縮などの頻脈性不整脈です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病なし 154 2.2 3.46 0% 66.4
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術,全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 82 14.2 17.41 17.07% 68.5
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 70 4 6.96 0% 60.2
・ 外科診療症例は、悪性腫瘍(消化管、肝胆膵、肺、乳腺など)、大血管(大動脈瘤)、末梢血管疾患(動脈、静脈)、さらに緊急手術症例(急性虫垂炎、腸閉塞、急性胆嚢炎、消化管穿孔、大動脈瘤破裂、急性動脈閉塞、気胸など)が主な対象となる疾患です。
・ 特に悪性腫瘍については、手術と化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療による治療成績の向上を目指すとともに、治療早期からの緩和治療を行うことで、患者QOLの向上に努めています。
・ また緊急手術には術後人工呼吸器管理などの集中治療を要するような重症症例も多く、院内の関連する各科ならびにチーム医療の充実を図り、質の高い外科診療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 120 12.6 15.8 36.67% 71.4
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 105 13.9 18.08 43.81% 72.8
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 5.2 7.03 6.35% 55.6
当院が救急医療に力を入れていることから、神経内科の入院患者も神経救急疾患である脳梗塞やけいれん・てんかんが多くなっています。
脳梗塞の平均在院日数は手術・処置なし群で12.6日(全国平均14日)と、手術・処置あり群で13.6日(全国平均17日)であり、急性期病院として適切な医療を提供しているといえます。
軽症患者は自宅退院できますが、持続、意識障害が遷延している場合には入院が必要でとなります。重積状態はまれであり、短期間で退院しています。初回の発作の場合には、脳画像検査と脳波検査に異常がなければ抗てんかん薬を導入しておりません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 (出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 6.5 6.17 3.85% 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 (出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし - - - - -
小児科一般入院症例は肺炎、気管支炎などの感染症罹患による呼吸器疾患が主となります。小児科病棟がない当院では他科の入院患者状況をふまえ、対応可能な場合のみ入院加療を行っています。
 産婦人科と連携し、当院出生の新生児は全例小児科診察を行っています。出生した児はしばしば不適応をおこし、呼吸困難(新生一過性多呼吸など)になることがあります。また糖尿病合併の母体から出生した児や低出生体重児もしくは巨大児では低血糖になる危険性があります。新生児の低血糖は発達に悪影響をきたすため、厳重な管理と速やかな加療を必要とします。
いずれも出生直後速やかな診断治療を必要とするため、入院対応となります。しかしNICUではないため、重症例は近隣NICUに搬送転院させていただいています。その場合数日で児の状態が落ち着けば、当院にもどってきてもらい、母児同室を行うことができるよう配慮しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 95 25.3 28.7 89.47% 82.3
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2なし 32 26.8 22.06 68.75% 50.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 30 4.3 5.7 3.33% 48.9
福岡市の人口増加に伴い高齢者も増加し、大腿骨転子部骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折などの脆弱性骨折の症例が増えてきているようです。当院では周術期に他科の医師と連携をとって診療を行い、合併症のある患者様の手術でも安全に行うことが出来るため、大腿骨転子部骨折を中心とした高齢者の骨折をご紹介していただくことが多くなってきています。また当院では三次救急病院であるため、多発外傷、多発骨折などの重傷外傷患者を積極的に受け入れて、患者を救急科と協力して診療しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 11.3 10.02 21.31% 74.4
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 57 16.5 19.32 68.42% 58.9
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 35 3.5 3.15 0% 60.7
脳神経外科では、外傷性の頭蓋・頭蓋内損傷が最も多い疾患であります。平均年齢は75歳と高いですが、入院後に早期からリハビリテーションを含めた管理を行い、転院率は29%と比較的に低くなっています。
次に非外傷の頭蓋内血腫となりますが、麻痺などの症状が残存することも多く、72%ではリハビリテーションのために転院しています。
3番目は脳動脈瘤に対する脳血管造影などの検査入院であります。これは、手術前後の脳動脈瘤の状態を確認するための入院です。そのために平均在院日数が3.5日と短く、転院する症例もありません。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 34 20.1 25.69 52.94% 70.9
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。)  単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 17 19.6 23.57 41.18% 65.9
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 14 17.3 29.8 71.43% 69.1
当科では成人の心臓および胸部大血管の手術治療を行っています。対象疾患は心臓弁膜症、虚血性心臓病、胸部大動脈瘤です。
心臓弁膜症は主に大動脈弁狭窄症に対する人工弁置換術や僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術です。大動脈弁狭窄症の手術対象患者さんの多くは高齢者であり、術前左心機能低下や併存症、ADL低下から手術治療後、リハビリテーションや継続治療目的の転院率は
40%程度と高いです。
虚血性心臓病手術の多くは冠動脈バイパス手術です。心拍動下に動脈グラフトを多用した多枝バイパスを行っています。手術対者はカテーテル治療が不向きな左主幹部病変、多枝複雑病変、左心機能低下合併例、弁膜疾患合併例です。このため4割弱の患者さんは手術後、転院し継続加療やリハビリを行っています。
胸部大動脈瘤については、当院は3次救急を行っている施設であるため、急性大動脈解離や胸部大動脈瘤破裂にたいする緊急手術症例が多いのが特徴です。解離性大動脈瘤手術の大半は緊急手術症例であり、手術後の経過は術前のショックや臓器障害の有無によって様々です。術後は平均2-3週間で転院し継続治療やリハビリを必要としています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 136 5.9 6.5 0% 37.6
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 98 7 6.34 1.02% 42.1
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 86 6.7 8.05 0% 37.3
産婦人科症例は良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)から悪性腫瘍(子宮体癌、子宮頸癌、卵巣癌など)までのほとんど全ての婦人科腫瘍、婦人科救急疾患(子宮外妊娠、卵巣嚢腫茎捻転、卵巣出血など)、が主な対応疾患となります。
子宮筋腫や卵巣嚢腫などの良性腫瘍では低浸襲の腹腔鏡手術が主体となり、腹腔鏡手術が全手術症例の約40%を占めています。
悪性腫瘍については主に診断目的の子宮頸部切除術から子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌に対する後腹膜リンパ節郭清を含めた子宮全摘術、広汎子宮全摘術を行っています。
初期子宮体癌については、低侵襲の腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術が増加しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 36 2.3 3.01 0% 69.2
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし - - - - -
眼科入院のほぼすべてが手術目的となります。手術の中でも白内障が大部分を占めています。白内障に関しては平均年齢が70歳をこえ、比較的高齢患者さんが多くなっています。全身合併症や眼合併症のある患者さんが多く、原則入院での手術を行っています。手術以外の入院治療では、ぶどう膜炎や視神経炎に対するステロイド治療を年間数例行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 86 6.7 7.76 0% 52.8
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 66 7.2 8.2 1.52% 29.8
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 53 6.4 7.94 0% 52.7
鼻副鼻腔疾患は分類上のコードが多岐にわたり、件数が分散するため数が少ないように見えてしまいます。
鼻腔形態改善手術、アレルギー性鼻炎に対する翼突管神経切除術など複数の手術を同時に行っている場合などもあり、入院・手術を行う疾患の大部分は内視鏡下の鼻・副鼻腔手術となっています。
軽症例では日帰り手術も行っているため、入院・手術を行う場合は、出血のリスクなどが高いことが多く、平均在院日数はやや長めとなっています。
扁桃疾患は分類上のコードが1つなので、見かけ上多くなっていますが、実際には頭頸部の腫瘍や喉頭の疾患の方が多いです。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - - - -
060040xx99x3xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり - - - - -
090010xx97x2xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等22あり - - - - -
放射線科では主に悪性疾患を対象として、院内各科および近隣病院よりご依頼頂き、放射線治療(体外照射)を行っています。
腫瘍の縮小・根治を目的とした治療のほか、手術後の再発抑制や、骨転移による疼痛・腫瘍からの出血などの症状緩和にも放射線治療は適用されます。
放射線治療は、 1回につき数分間の照射を(土・日曜日や祝祭日を除いて)連日くりかえして行います。治療期間は1~6週間程度で、目的によってさまざまです。外来通院治療も可能ですが、全身状態不良などの事情で通院困難な場合は入院することもできます。
悪性疾患に対する根治的放射線治療には、しばしば化学療法が併用されます。また進行期には疼痛を含む多様な症状が問題になることもあり、担当各科や緩和ケアチームと連携し診療を行っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 2.5 3.58 6.67% 38.4
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 27 1.4 2.54 0% 35.9
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 5.2 7.52 12% 48.2
救急科は集中治療が必要な重篤患者さんや、複数診療科が係わる必要のある外傷の患者さんを主に入院管理しています。よって、対象とする疾患が多岐にわたります。主な疾患は、多発外傷・急性薬物中毒・敗血症・広範囲熱傷などです。多発外傷については、脳神経外科・外科・整形外科など必要な科と連携して集学的に治療することが、生命予後や機能予後の改善に不可欠です。また、急性薬物中毒については、背景に自殺企図を有していることも多く、身体の治療に加え、精神科的介入も不可欠です。敗血症は、感染症内科や各臓器専門の内科などと、広範囲熱傷は主として形成外科と連携して治療を行っています。一般的に、頭部外傷の患者さんは、脳神経外科入院となりますが、手術を必要としない軽微な外傷は、脳神経外科のサポートのもと、救急科で入院管理も行います。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 18.8 21.69 65% 83
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 17 10 14.34 23.53% 81.8
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 11.5 9.17 0% 70.4
当院の総合診療部では、主に「多臓器にまたがる複合した疾患の患者」や「不明熱などの診断未確定の患者」の入院診療を行っています。したがって、入院患者の年齢はほとんどが高齢者で、多臓器にまたがる複合した疾患の患者を治療するために平均在院日数は長く、ほとんどの患者が自立困難であるために転院率は高くなっています。
症例は、内因性では主に誤嚥性肺炎のような呼吸器疾患、胃腸炎やイレウスなどの消化器疾患、尿路感染症などの腎泌尿器疾患、そして、蜂か織炎などの感染症の4つの疾患が多く、外因性では圧迫骨折や急性腰痛症などの整形外科非手術適応疾患が多くなっています。
平成27年度は、誤嚥性肺炎、肺炎、そして腸閉塞の順となりましたが、年によって呼吸器、消化器、腎泌尿器、感染症、そして、整形外科疾患の順位が入れ替わるのが現状です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 98 13 19 54 - 31 1 7
大腸癌 56 49 67 59 - 40 1 7
乳癌 40 42 - - - 17 1 7
肺癌 85 11 54 80 - 59 1 7
肝癌 18 35 13 23 - 190 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「5大がん」と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん患者さんの数を初発の UICC 病期分類別で初発および再発に分けて集計しています。
UICC 病期分類: 国際対がん連合(UICC)によって定められた〈1〉原発巣の大きさと進展度(T)、〈2〉所属リンパ節への転移状況(N)、〈3〉遠隔転移の有無(M)の 3つのカテゴリによって各がんをI期からIV期の4病期(ステージ)に分類するものです。2015年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 46 8.52 53.5
重症度 1 58 12.1 75.01
重症度 2 41 12.01 80.44
重症度 3 18 16.44 82.66
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
定義:
市中肺炎の定義として、 DPCデータの入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード6桁が040080に相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ球菌による肺炎、その他肺炎)で始まるものとしています。
【ICD10コードとは】
International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。
特徴:
市中肺炎とは、一般細菌などによる肺炎です。一般的には、入院されていないお元気な方が罹患された際の肺炎を市中肺炎と呼び、入院中に起こした院内肺炎などと区別されています。市中肺炎の重症度は、年齢(男性70歳以上、女性75歳以上)、脱水所見、血液中の酸素の濃度、意識障害の有無、血圧低下の有無の5項目で評価され、0点 軽症、1-2点 中等症、3点以上 重症と分類します。
当院の入院患者では、0点の方は入院期間が8.5日、1-2点の方は12.1日、3点以上は16.4日と点数が高くなると入院期間が伸びる傾向が見られ、重症度と入院期間の延長が相関することが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 16 4.9 62.1 0.0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 300 16.8 72.7 47.3%
その他 48 12.5 73.0 37.5%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 28 8.6 70.7 3.6%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院の脳梗塞診療は急性期が対象であり、発症から3日以内の患者が大多数を占めています。平均在院日数16.8日は急性期病院としては長いといえます。半数が後遺障害のため回復期リハビリテーション病院に転院しており、待機期間の短縮が望まれます。軽症脳梗塞患者は来院が遅れがちであり、専門病院を早期受診するように啓蒙活動が必要です。脳実質外動脈の閉塞および狭窄患者には、頸動脈狭窄症の患者に頸動脈ステント留置術を施行したものや、頭痛発症の椎骨動脈解離の患者が含まれます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 114 0.5 1.6 0% 62.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 69 1 5.1 0% 72.2
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 63 1.4 5.7 15.87% 76.9
内科での手術件数は、胃がん、大腸がんの治療及び胆管結石に対する内視鏡治療がトップ3でした。がん診療および救急治療を行っている当院の現状を反映している結果でした。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 363 1.1 2.8 1.93% 68.6
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 169 1.4 2.6 0.59% 63.8
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 80 0.1 16.2 13.75% 64.4
「経皮的冠動脈ステント留置術」とは、経皮的冠動脈形成術を行った時に冠動脈ステントを留置した場合のことであり、狭心症や急性心筋梗塞に対する治療法です。保険請求時の術式「Kコード」では、〈1〉急性心筋梗塞(K5491)、〈2〉不安定狭心症(より重症な狭心症:K5492)、〈3〉不安定狭心症以外の狭心症に対して行った場合(K5493)の3つに分けています。
不安定狭心症以外の狭心症(K5493)は病状が比較的安定しているので、経皮的冠動脈ステント留置術は待機的に行うのが原則です。手術の前日に入院して、手術の翌日または翌々日に退院になります。
急性心筋梗塞の場合(K5491)は、一部の例外を除いて緊急冠動脈造影で診断した後、直ちに経皮的冠動脈ステント留置術を行います。従って、急患として緊急入院したその日に治療を受け、2週間余りの療養後に退院となります。2015年は、約13%の患者がリハビリテーション目的で亜急性(回復期)の病院に転院となりました。
経皮的カテーテル心筋焼灼術は頻脈性不整脈に対して行います。「心房中隔穿刺」は心房細動の治療に必須の手技ですが、「心外膜アプローチ」は不整脈の原因が心臓の外側(心外膜側)にある場合に用いる特殊な手技です。従って、「経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)」(K5951)に該当する不整脈は殆どが心房細動です。心房細動の経皮的カテーテル心筋焼灼術は、待期的に行うのが原則で、手術の前日に入院して術後2日目に退院します。例外的に心不全などで入院中に行うこともあるので、平均術前/術後日数がそれぞれ1.0日・2.0日を越えています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 154 0 1 0% 66.3
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 133 1.1 4 8.27% 62.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 75 1.9 10.6 14.67% 68
・ 外科手術症例は可能な限り外来にて術前検査を終了させ、術前の入院日数を減少させています。また術後は病状が安定しても高齢者ではADLの低下などで在宅での自宅療養がすぐに行うことが困難な場合は、連携施設へ転院し、ADLが向上してから自宅退院となる症例もあります。
・ 下肢静脈瘤については、手術侵襲も軽度で、また比較的健常な症例が多いため、今後は入院治療から外来日帰り手術への変更を図ることになります。
・ 当院で施行する胆嚢摘出術の症例は、高度な炎症を伴う急性胆嚢炎症例や、重度な併存疾患を有する胆嚢結石症などのハイリスク症例も多いが、術後在院日数は年々短縮している傾向にあります。
・ 結腸悪性腫瘍手術では、低侵襲な腹腔鏡下手術が増加していますが、依然として高度進行癌症例も多く、また高齢者の手術も多いため、転院後ADL向上してから自宅退院となる場合もあります。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 17 10.2 10.4 47.06% 73.6
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.5 25.5 84.62% 73.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
脳梗塞を発症した症候性および無症候性の高度頸動脈狭窄に対して、待機的に経皮的頸動脈ステント留置術を施行しています。術後合併症はまれであり、術後は自宅に退院しています。入院治療中に脳梗塞あるいは一過性脳虚血発作の再発を繰り返す場合には急性期に施行することがあり、その場合には、麻痺や高次脳機能障害に対するリハビリテーションを継続するために転院が必要となります。
発症から8時間以内の超急性期脳梗塞に対しては、tPA静注療法と組み合わせて閉塞脳動脈に対して経皮的血栓回収術(Penumbra、Solitaire、Trevo)を行い、良好な再開通が得られています。内頸動脈、中大脳動脈、椎骨・脳底動脈といった主幹動脈閉塞のために神経障害が残ることが多く、リハビリテーション病院への転院率が高くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 99 4.3 16.9 80.81% 79.8
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 53 4 20.1 28.3% 71.5
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 42 3 15.2 45.24% 58.1
当院の整形外科では外傷と脊椎と股関節を専門として手術をしています。骨折では大腿骨転子部骨折、橈骨遠位端骨折などの脆弱性骨折の症例が多いですが、骨盤骨折や開放骨折などの重度外傷の手術も積極的に行っています。脊椎では腰部脊柱管狭窄症を中心とした変性疾患のみならず、神経障害を伴った脊椎の脱臼骨折や破裂骨折などの脊椎外傷に対する手術も早期に手術を行うように心がけています。また高齢者の脊椎の圧迫骨折に対してバルーン椎体形成術(BKP)も行っています。股関節では人工股関節を年間20例程度行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 60 1.4 10.2 23.33% 76.7
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 36 0.6 27.9 50% 59.5
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 27 3.4 23.9 25.93% 62.3
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫手術例が最も多く、次は水頭症手術例です。いずれも高齢になるに従い多くなる症例で、平均年齢は慢性硬膜下血腫で77歳、水頭症では68歳であります。今後の高齢者社会のためにさらに増加することが見込まれます。歩行障害や認知機能障害などの症状も術後に改善することが多いですが、社会復帰のために必要に応じたリハビリ転院も勧めています。そのために水頭症手術例では80%でリハビリ転院をしています。
脳血管内手術は主には脳動脈瘤、脳動静脈瘻などに対しておこなっています。脳腫瘍の術前の栄養血管の塞栓も積極的に行っております。比較的に低侵襲であり、近年は手術症例は増加傾向であります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 24 5.3 21.3 45.83% 73
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 24 3.9 13.8 37.5% 69.7
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 21 5.5 18 38.1% 67.1
冠動脈バイパスを受ける患者さんの多くは糖尿病を合併しているため、待機手術では手術前の血糖管理を十分行って手術に臨んでいます。このため術前平均7日間を要しています。手術後は早期離床・リハビリテーションを行い早期の自宅退院を図っていますが、術後の不整脈(心房細動)や術前からの左心機能障害、創合併症により入院が長期化する場合があります。
ステントグラフト内挿術は高齢者(70歳以上)や開胸手術が高リスクの胸部大動脈瘤(弓部大動脈瘤、下行大動脈瘤)を対象に行っています。手技は低侵襲ですが、緊急手術、術前からの身体活動能力低下、呼吸機能障害や腎機能障害等の併存症合併率が高いため、術後回復に日数を要することが多く術後入院期間は平均2週間となってます。
弁置換術(1弁)の多くは高齢者(70~80歳代)の大動脈弁狭窄症にたいする人工弁置換術です。手術後早期離床・リハビリテーションを行うことで6割の患者さんは自宅退院が可能となってます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 216 1 4.1 0% 37.2
K867 子宮頸部(腟部)切除術 117 0 1 0% 41.2
K877 子宮全摘術 85 1.3 8.7 0% 50.4
最も多い手術は良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡での子宮付属器摘出術です。当院での手術症例は可能な限り外来での術前検査を行い、良性腫瘍では腹腔鏡手術はもとより、開腹手術症例も前日入院としています。
子宮頸部前がん病変に対する子宮頸部切除術は手術当日に入院し翌日退院となります。低侵襲で合併症のない症例が多いことから、今後日帰り手術も検討されます。
子宮全摘術は腹腔鏡での手術が困難な大きな子宮筋腫や癒着が予想される子宮内膜症、腺筋症に対して行われる開腹手術です。病状により腹壁術創が大きくなることもありますが、創部が小さい場合には術後日数の短縮が検討されます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 239 0.4 3 0% 73
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
手術では白内障手術を中心に行い、眼科手術の約90%を占めています。白内障手術は全例入院で行っています。白内障以外では、眼瞼下垂、緑内障、斜視手術などを行っています。網膜硝子体手術は年間1~2件程度です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 69 1 5.3 0% 32
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 62 1.1 4.7 0% 56.2
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 22 1 5.1 0% 53.5
内視鏡下副鼻腔手術はIII型、IV型、V型と分類があるためすべてあわせると手術件数は最も多い。
また粘膜下下鼻甲介骨切除術や経鼻的翼突管神経切除術、鼻中隔矯正術を同時に行うことが多い。そのため鼻副鼻腔疾患の手術は、見かけ上手術数が少なく見える。
扁桃の手術は多く見えるが、全体に占める割合は実際には少ない。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 45 0.4%
180010 敗血症 同一 26 0.23%
異なる 47 0.42%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 75 0.67%
異なる - -
・播種性血管内凝固
血液凝固反応の亢進、血小板の活性化をきたし持続的に全身の細小血管内に血栓を生じ、諸臓器の循環不全、 機能不全に至る重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入される場合もあり、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
・敗血症
皮膚や粘膜、種々の臓器の感染巣から細菌が血中に入り全身に播種される重症な感染症のことです。治療に大きな医療資源が投入される場合もあり、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
・手術・処置などの合併症
手術や処置などに起因して発生した、主に術後の出血や創部感染などの病態のことです。手術の術式や患者さんの状態に関わらず発生する可能性があり、医療ミスとは区別されます。
更新履歴
2016/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

病院実績

当院では平成27年度の行動計画で「重要な指標を定め、測定し、改善する」という病院方針を掲げ、行動目標として「現在を確認し、目標に向かって進もう」を設定しました。

このページに掲載する病院実績は、病院の様々な機能を指標化して表したものです。このような指標を用いて、地域のニーズに応じた医療の提供ができているかを確認しながら、日々の診療を行っております。

01.年間新入院患者数

平成27年度

11,566

一年間に入院された患者さんの数です。

年間新入院患者数

02.年間外来患者数

平成27年度

152,830

一年間に外来を受診した患者さんの数です。

年間外来患者数

03.平均在院日数

平成27年度

10.6

平均在院日数とは、患者さん一人一人が平均何日間入院しているかを示す指標です。当院のような急性期病院では、効率的な医療を提供し、患者さんの早期社会復帰の促進を示す指標としても用いられます。

平均在院日数
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:平成27年度の年間在院患者延べ数
    分母:(平成27年度の新入院患者数合計+退院患者数合計)/2

  • 参考値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:(年間新入院患者数+年間退院患者数)/2
    〔参考〕厚生労働省:平成26年(2014年)医療施設
       (動態)調査・病院報告(一般病床)

04.病床利用率

平成27年度

87.9 %

病床利用率とは、病院のベッドがどの程度稼働しているかを示す数字です。
100%に近いほど空いているベッドが無い状態で利用されていることになります。

病床利用率
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:許可病床数(380床)×365日

  • 参考値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:許可病床数×365日
    〔参考〕厚生労働省:平成26年(2014年)医療施設
       (動態)調査・病院報告(一般病床)

05.救急車受入台数

平成27年度

4,361

当院に搬入された救急車・ドクターヘリの年間台数です。

救急車受入台数

06.手術室手術件数

平成27年度

4,433

手術室で行った手技件数です。

手術室手術件数

07.紹介率(地域医療支援病院の計算式による)

平成27年度

83.3 %

地域の医療機関などから紹介された患者さんの割合です。

紹介率(地域医療支援病院の計算式による)
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:紹介患者の数
    分母:初診患者の数

臨床指標

臨床指標(クオリティ インディケーター:QI)とは

臨床指標(QI)とは、医療の質を数値化することによって客観的に評価する手法のことをいいます。
これによって、病院の提供する医療のプロセスや最終結果の中に潜在している課題や改善点を見つけ出して、ひとつひとつ改善していくことができます。
当院では平成24年に済生会「医療の質の評価・公表等推進事業」、そして日本病院会「QIプロジェクト」へ参加したことをきっかけにQI委員会を設立いたしました。
当院独自の臨床指標に基づき、さらなる医療の質向上を目指し改善に取り組んでまいります。

肝癌局所療法(ラジオ波 エタノール注入)の局所再発率

内視鏡的逆行性胆膵管造影(ERCP)の偶発症の発生の割合

肺炎患者(入院)における抗菌薬投与前の尿中肺炎球菌抗原およびレジオネラ抗原検査率

ステロイド性骨粗鬆症の予防をしている割合

維持透析患者の貧血コントロール

消化管粘膜癌(胃・食道)の内視鏡一括切除率

急性期脳卒中患者の肺炎合併率

Door to Balloon

循環器急性疾患で入室後、リハビリ開始までの日数

AMI患者の入室中に抗血小板剤/RAS系阻害剤/スタチン 投与開始済率

カテーテル穿刺部位の閉塞、血腫、仮性動脈瘤、動静脈瘻合併率

左室駆出率が40%以下の患者へのβ遮断薬、ACEI/ARB退院時処方率

冠動脈形成術(PCI)施行患者の退院時におけるスタチン内服率

新生児光線療法適応

周術期の深部静脈血栓症予防実施率

大腿骨近位部骨折に対する深部静脈血栓症のスクリーニング

眼窩骨折観血的整復術後の再手術率

脳内出血患者の発症後48時間以内の早期離床開始率

高血圧性脳内出血における血圧コントロール(降圧薬持続点滴投与から内服薬移行までに要した期間)

心臓大血管手術(非開胸の胸部大動脈ステントグラフト内挿術は除く)後の出血再開胸の割合

骨盤リンパ節廓清術後の下肢リンパ浮腫の評価と指導

白内障手術患者の退院延期率

手術時間が予定より延長した患者の割合

救急外来徒歩受診から入院まで 3 時間以上の割合

予約のない受付患者さんの受診キャンセル率

紹介患者の中で院内からの協診患者の割合

がん化学療法施行患者における、HBVキャリアおよび既感染者のスクリーニング実施状況

初回化学療法口腔ケアスクリーニング介入率

外来ドック受診者のリピート率

細胞診標本のダブルチェック

消化器癌(胃癌、食道癌、大腸癌)における癌取扱い規約に準拠した病理組織情報の記載

診療録の退院後5日以内の点検数

人工呼吸器装着日数

NST(栄養サポートチーム)の介入件数

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)新規発生率(‰)

対象医師の緩和ケア講習会受講率

がん性疼痛緩和指導管理料加算率(6ヶ月/1回)

転倒転落・損傷 発生率

褥瘡推定発生率

退院処方を受けた入院患者のうち退院時服薬指導を実施した患者の割合

採血支援システム導入後の中央処置室採血待ち時間調査

マンモグラフィ(乳房X線撮影)装置品質管理

特定疾患治療管理料としての入院栄養食事指導の中で、臓器障害を合併する高血圧(脳血管障害・心疾患・血管疾患・腎疾患)への減塩指導の実施率

リハビリテーション介入率(実施率)

輸液ポンプ・シリンジポンプ故障時の院内修理に要した平均日数

会計窓口での平均待ち時間

紹介入院患者の1週間以内返書記入率

ページTOPへ