病院について

平成29年度 済生会福岡総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 62 148 586 711 1185 1496 2413 2446 1970 451
平成29年度の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院は、地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院・3次救急施設として、幅広い疾患を診療しています。
年齢階級別の退院患者数をみると、60歳以上が6割を超えており、今後はさらに高齢化の傾向が続くと考えられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 16.3 20.8 42.39% 82.4
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 88 8.7 10.6 9.09% 72.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 85 15.5 19.6 23.53% 70.6
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 85 3.0 3.6 3.53% 70.3 気管支鏡検査
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 70 13.3 15.6 4.29% 63.4
内科では内分泌・代謝、消化器(消化管、肝胆膵)、呼吸器、血液、腫瘍、感染症、膠原病、腎臓など多岐にわたる疾患を診療しています。症例数では急性疾患である肺炎、胆管炎や肺がん、糖尿病が症例数の上位でした。救急から待機的な治療までを行っている当科の現状を反映していると考えます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 391 4.4 4.6 1.02% 67.8 心臓カテーテル・PCI(当日入院)
心臓カテーテル・PCI(前日入院)
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 324 2.7 3.0 0.62% 66.4 心臓カテーテル・PCI(当日入院)
心臓カテーテル・PCI(前日入院)
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 322 4.7 5.3 0.93% 62.5 アブレーション
心房細動アブレーション
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 121 12.4 17.7 14.05% 80.5
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 86 11.0 12.7 6.98% 67.3
循環器内科は心臓と血管を専門に扱う診療科です。具体的には、高血圧・不整脈・動脈硬化疾患(冠動脈・末梢動脈)・心不全などを中心に診療しております。また急性心筋梗塞や大動脈解離、肺塞栓症など、1分1秒を争う生命に関わる緊急疾患も専門に診療しております。平成29年度の我々が取り扱った疾患のうち、最も多かったのは狭心症でございました。心臓の周囲を取り囲み、心臓の筋肉に血液を供給している冠動脈という血管が、動脈硬化により狭窄することが原因の一つとされております。薬物療法に加えて、バルーンやステントといった治療機器を使用してカテーテル治療を行うことで症状の改善が得られるとされており、数多くの症例を治療させていただきました。続いて症例が多かったものは不整脈となります。一般に脈が遅くなる不整脈を徐脈性不整脈と言い、必要があればペースメーカーを使用した治療を行います。一方、脈が速くなる不整脈は頻脈性不整脈と言い、薬物治療が主体となりますが、近年はカテーテルを使用して心臓の筋肉の一部を焼灼あるいは凍結させることで、不整脈を起きにくくする方法がございます。カテーテルアブレーションと呼ばれており、不整脈の種類によっては積極的にこの方法を用いて治療を行っております。急性心筋梗塞も数多くの症例を治療させていただきました。前述の冠動脈が血栓とよばれる血液の塊で突然に閉塞し、これまで経験したことのないような胸の痛みで発症することが典型的とされていますが、自覚症状のない症例や発症と同時に心停止にいたり、心臓マッサージをされながら救急搬送される症例もございます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 74 4.7 6.4 1.35% 59.6 乳腺切除
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 65 14.3 15.6 16.92% 70.6 結腸切除(前日入院)
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 5.3 7.4 5.17% 60.0 腹腔鏡下胆嚢摘出術
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 57 11.0 12.3 8.77% 69.0 肺部分切除・葉切除術
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 56 9.3 12.5 5.36% 75.2 AAAステントグラフト
・外科診療症例は、悪性腫瘍(消化管、肝胆膵、肺、乳腺など)、大血管(大動脈瘤)、末梢血管疾患(動脈、静脈)、さらに緊急手術症例(急性虫垂炎、腸閉塞、急性胆嚢炎、消化管穿孔、大動脈瘤破裂、急性動脈閉塞、気胸など)が主な対象となる疾患です。
・悪性腫瘍については、手術と化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療による治療成績の向上を目指すとともに、治療早期から緩和ケアを導入することで、患者さんのQOL向上に努めています。
・緊急手術では、術後人工呼吸器管理などの集中治療を要するような重症症例が多く、院内の関連する各科と連携しチーム医療の充実を図り、質の高い外科診療を行うよう努めています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 70 11.2 16.4 28.57% 68.0 脳梗塞(自宅退院)
脳梗塞(転院)
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 57 6.9 6.3 17.54% 59.8
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 12.7 16.5 33.33% 70.2 脳梗塞(自宅退院)
脳梗塞(転院)
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 7.7 10.0 3.23% 43.1
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 24 5.5 6.3 4.17% 65.9
当院が救急医療に力を入れていることから、脳神経内科の入院患者も神経救急疾患である脳梗塞、けいれん・てんかん、髄膜炎などの神経感染症が多くなっています。
脳梗塞の平均在院日数は手術・処置なし群で11.2日と、手術・処置あり群で12.7日であり、全国平均を下回っており、急性期病院として適切な医療を提供しています。
軽症患者は自宅退院できますが、後遺症がある場合にはリハビリ病院への転院が必要となります。てんかんは高齢者の症候性てんかんが増加し、機能回復が遅れ転院が必要な患者が増えています。初回のけいれん発作の場合には、脳画像検査と脳波検査に異常がなければ抗てんかん薬を導入していません。神経感染症は無菌性髄膜炎が多く、早期に自宅退院できる患者が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 6.3 6.2 9.52% 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.5 - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし - - 5.9 - - 小児気管支炎・肺炎
- - - - -
- - - - -
小児科一般入院症例は肺炎、気管支炎などの感染症罹患による呼吸器疾患が主となります。小児科病棟がない当院では他科の入院患者状況をふまえ、対応可能な場合のみ入院加療を行っています。
産婦人科と連携し、当院出生の新生児は全例小児科診察を行っています。出生した児はしばしば不適応をおこし、呼吸困難(新生一過性多呼吸など)になることがあります。また糖尿病合併の母体から出生した児や低出生体重児もしくは巨大児では低血糖になる危険性があります。新生児の低血糖は発達に悪影響をきたすため、厳重な管理と速やかな加療を必要とします。
いずれも出生直後速やかな診断治療を必要とするため、入院対応となります。しかしNICUではないため、重症例は近隣NICUに搬送転院させていただいています。その場合数日で児の状態が落ち着けば、当院に戻ってきてもらい、母児同室を行うことができるよう配慮しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 101 20.6 27.1 89.11% 81.8 人工骨頭置換術・骨接合術
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2なし 36 22.4 18.5 50.00% 52.9
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 27 18.3 17.3 40.74% 74.5 脊椎椎弓切除
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 27 14.6 19.9 77.78% 76.4
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 23 6.5 5.2 0% 58.5 手・手関節骨接合術
福岡市の人口増加に伴い高齢者も増加し、大腿骨転子部骨折、大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折などの脆弱性骨折の症例が増えています。当院では周術期に他科の医師と連携をとって診療を行い、合併症のある患者さんの手術でも安全に行うことができるため、大腿骨転子部骨折を中心とした高齢者の骨折をご紹介していただくことが多くなってきています。また当院は三次救急病院であるため、多発外傷、多発骨折などの重傷外傷患者を積極的に受け入れて、救急科と協力して診療しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 6.8 5.6 2.5% 40.3 顔面骨整復術(腸骨移植なし)
鼻骨骨折・頬骨弓骨折
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 11 2.0 3.3 0% 74.4 局所麻酔下 眼瞼下垂
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.1 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし - - - - -
当院が市内中心部にあるため、交通事故などによる顔面外傷の症例が多くなっています。また最近では近位眼科の先生方より眼瞼下垂症の手術をご紹介いただけるようになってきました。循環器内科、血管外科、糖尿病内科、腎臓内科や認定ナースなどと共に、フットケアチームを立ち上げており、難治性足潰瘍にも力を入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 62 11.2 9.7 24.19% 72.4 慢性硬膜下血腫除去術
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 17.2 19.1 77.14% 67.9
010040x099x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 33 20.5 32.1 87.88% 70.6
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 31 3.2 3.1 0% 56.7 頭部血管造影
頭部血管造影 当日検査
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 9.5 7.3 16.67% 60.0
脳神経外科では、外傷性の頭蓋・頭蓋内損傷が最も多い疾患であります。平均年齢は72歳と高いですが、入院後に早期からリハビリテーションを含めた管理を行い、転院率は24%と比較的に低くなっています。
次に非外傷の頭蓋内血腫となりますが、麻痺などの症状が残存することも多く、80%程度はリハビリテーションのために転院が必要となります。
4番目は脳動脈瘤に対する脳血管造影などの検査入院であります。これは、手術前後の脳動脈瘤の状態を確認するための入院です。そのために平均在院日数が3.5日と短く、転院する症例もありません。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 22 21.0 23.9 22.73% 62.6
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 12 22.5 28.0 75.00% 65.8
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 11 26.0 28.4 36.36% 69.8
- - - - - - -
- - - - - - -
当科では成人の心臓および胸部大血管の手術治療を行っています。対象疾患は心臓弁膜症、虚血性心臓病、胸部大動脈瘤です。中でも胸部大動脈瘤の治療を中心に診療を行っています。当院は3次救急を行っている施設であるため、急性大動脈解離や胸部大動脈瘤破裂に対する緊急手術症例が多いのが特徴です。
解離性大動脈瘤手術の大半は緊急手術症例であり、手術後の経過は術前のショックや臓器障害の有無によって様々です。術後は平均2~3週間で転院し、継続治療やリハビリを必要としています。待期的な胸部大動脈瘤手術については、年齢や身体機能により開胸人工血管置換術とステントグラフト治療を使い分けることで、術後合併症の軽減と早期回復を心がけています。
心臓弁膜症は主に大動脈弁狭窄症に対する人工弁置換術や僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術です。大動脈弁狭窄症の手術対象患者さんの多くは高齢者であり、術前左心機能低下や併存症、ADL低下から手術治療後、リハビリテーションや継続治療目的の転院率は40%程度と高いです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 164 6.1 6.4 0.61% 41.3 腹腔鏡手術
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 128 6.7 6.3 0% 44.9 子宮全摘出術
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 81 9.6 9.9 0% 47.2 腹式単純子宮全摘出術
筋腫核出術
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 56 13.1 12.9 0% 58.4 婦人科悪性腫瘍開腹手術
婦人科悪性腫瘍腹腔鏡手術
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 55 6.5 7.7 0% 38.9 腹式単純子宮全摘出術
産婦人科症例は良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)から悪性腫瘍(子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がんなど)までのほぼ全ての婦人科腫瘍、婦人科救急疾患(子宮外妊娠、卵巣嚢腫茎捻転、卵巣出血など)が主な対応疾患となります。
子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などの良性腫瘍では低浸襲の腹腔鏡手術が主体となり、腹腔鏡手術が全手術症例の約40%を占めています。
悪性腫瘍については主に診断目的の子宮頸部切除術から子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに対する後腹膜リンパ節郭清を含めた子宮全摘術、広汎子宮全摘術を行っています。
悪性腫瘍に対する低侵襲の腹腔鏡下手術として、初期子宮体がんに対する腹腔鏡下子宮全摘(リンパ節郭清含む)、子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術(リンパ節郭清含む)が増えています。
良性、悪性ともに在院日数は全国平均とほぼ同じです。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.29 - -
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - - 8.51 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.32 - -
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - - - - 白内障(両眼手術)
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり - - - - -
眼科入院のほぼすべてが手術目的となります。手術の中でも白内障が大部分を占めています。ただ白内障手術はほとんどが短期滞在手術3で行っており、DPCからは除外となっています。白内障以外では緑内障や眼瞼下垂の手術を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 104 5.5 7.2 0% 49.2 副鼻腔内視鏡手術
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 87 7.4 8.0 0% 27.2 口蓋扁桃摘出術
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 60 5.1 5.5 0% 40.5 急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 46 5.3 7.6 0% 51.7 全麻下頭頸部手術
030428xxxxxxxx 突発性難聴 45 7.6 9.2 2.22% 52.8 突発性難聴
突発性難聴DMあり
鼻・副鼻腔疾患の手術はもっとも注力している分野で、鼻腔形態改善手術やアレルギー性鼻炎の手術も多いですが、件数が分散するため数が少ないように見えてしまいます。入院・手術を行う疾患の大部分は内視鏡下の鼻・副鼻腔手術となっています。
手術入院全般で、平均在院日数(入院日数)は短縮する傾向にあります。
扁桃疾患は分類上のコードが1つなので多くみえますが、実際には頭頸部の腫瘍や喉頭の疾患の入院の方が多くなっています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - 30.3 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり - - 23.7 - -
060035xx99x2xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - 27.3 - -
- - - - -
- - - - -
放射線科では主に悪性疾患を対象として、院内各科および近隣病院よりご依頼いただき、放射線治療(体外照射)を行っています。
腫瘍の縮小・根治を目的とした治療のほか、手術後の再発抑制や、骨転移による疼痛・腫瘍からの出血などの症状緩和にも放射線治療は適用されます。
放射線治療は、1回につき数分間の照射を(土・日曜日や祝祭日を除いて)連日くりかえして行います。治療期間は1~6週間程度で、目的によってさまざまです。外来通院治療も可能ですが、全身状態不良などの事情で通院困難な場合は入院することもできます。
悪性疾患に対する根治的放射線治療には、しばしば化学療法が併用されます。また進行期には疼痛を含む多様な症状が問題になることもあり、担当各科や緩和ケアチームと連携し診療を行っています。今年度より少数個の脳転移に対する定位放射線治療を開始しました。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 2.9 3.6 5.41% 45.6
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 36 1.4 2.7 0% 34.4
160100xx97x00 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 6.3 9.7 20.0% 58.7
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 2.7 7.3 5.56% 40.8
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 1.9 5.2 0% 68.7
救急科は集中治療が必要な重篤患者さんや、複数診療科が関わる必要のある外傷の患者さんを主に入院管理しています。よって、対象とする疾患が多岐にわたります。主な疾患は、多発外傷・急性薬物中毒・敗血症・広範囲熱傷・環境要因による熱中症や低体温症などです。多発外傷については、脳神経外科・外科・整形外科など必要な科と連携して集学的に治療することが、生命予後や機能予後の改善に不可欠です。また、急性薬物中毒については、背景に自殺企図を有していることも多く、身体の治療に加え、精神科的介入も不可欠です。敗血症は、感染症内科や各臓器専門の内科などと、広範囲熱傷は主として形成外科と連携して治療を行っています。一般的に、頭部外傷の患者さんは、脳神経外科入院となりますが、手術を必要としない軽微な外傷は、脳神経外科のサポートのもと、救急科で入院管理も行います。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 15.5 20.8 62.79% 83.3
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 20 14.5 19.0 45.00% 74.1
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 17 8.6 11.7 0% 66.9
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 15 10.1 10.1 26.67% 70.5
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 14 8.1 12.3 21.43% 74.4
当院の総合診療部では、主に「多臓器にまたがる複合した疾患の患者」や「不明熱などの診断未確定の患者」の入院診療を行っています。したがって、入院患者の年齢はほとんどが高齢者で、多臓器にまたがる複合した疾患の患者さんを治療するために平均在院日数は長く、ほとんどの患者さんが自立困難であるために転院率は高くなっています。
症例は、内因性では主に誤嚥性肺炎のような呼吸器疾患、胃腸炎やイレウスなどの消化器疾患、尿路感染症などの腎泌尿器疾患、そして、蜂か織炎などの感染症の4つの疾患が多く、外因性では圧迫骨折や急性腰痛症などの整形外科非手術適応疾患が多くなっています。
平成29年度は、誤嚥性肺炎、敗血症、急性膿皮症、体液・電解質・酸塩基平衡障害、腎臓または尿路の感染症の順となりましたが、上位5位はほぼ変わらず年によって順位が入れ替わるのが現状です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 88 16 11 23 0 15 1 7
大腸癌 61 43 61 43 - 40 1 7
乳癌 57 55 - - - 29 1 7
肺癌 61 16 43 67 - 44 1 7
肝癌 20 20 - - - 141 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「5大がん」と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん患者さんの数を初発の UICC 病期分類別で初発および再発に分けて集計しています。
UICC 病期分類: 国際対がん連合(UICC)によって定められた〈1〉原発巣の大きさと進展度(T)、〈2〉所属リンパ節への転移状況(N)、〈3〉遠隔転移の有無(M)の 3つのカテゴリによって各がんをI期からIV期の4病期(ステージ)に分類するものです。2016年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 35 7.8 53.6
中等症 97 12.7 77.1
重症 24 15.0 82.7
超重症 - - -
不明 0 0 0
重症度の悪化に伴い、平均在院日数が増加している。このことは、重症度を適切に評価していることを示している。超重症例は敗血症を伴うものが多いため、これを省くと、重症度に応じて平均年齢が高いことも納得のいく結果である。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 277 15.1 71.4 47.7%
その他 53 12.2 68.6 22.6%
当院は急性期病院であり、脳梗塞も発症3日以内の急性期入院が84%と高い割合となっています。脳梗塞の平均在院日数は15日と短く、過半数は自宅退院できています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 129 0.1 1.2 0% 64.1 大腸ポリープ切除術(EMR)
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 72 1.1 11.1 2.78% 73.6 肝癌 血管造影
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 2.0 12.0 15.0% 73.0
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 55 1.1 5.1 1.82% 66.6 胃粘膜下層剥離術(胃ESD)
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 51 1.3 5.5 3.92% 72.6
内科での手術件数は、大腸がん、肝がんの治療及び胆管炎に対する内視鏡治療がトップ3でした。がん診療および救急治療を行っている当院の現状を反映している結果でした。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 279 1.3 2.9 2.15% 67.8 心臓カテーテル・PCI(当日入院)
心臓カテーテル・PCI(前日入院)
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 264 1.3 2.7 0.76% 63.0 アブレーション
心房細動アブレーション
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 88 0 13.3 7.95% 65.5
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 65 1.9 2.5 3.08% 60.7 アブレーション
心房細動アブレーション
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 63 1.8 6.8 15.87% 73.9 EVT
平成29年度に循環器内科が実施した手術のうち、最も多かったものはカテーテル治療でした。以前は心臓の周囲を取り囲む冠動脈に対する治療のことを意味していましたが、最近は手足の動脈硬化により四肢の冷感やしびれ、あるいは歩行時の痛みといった末梢動脈の狭窄・閉塞に対してもこのカテーテル治療を積極的に行っておりますし、不整脈のうち脈が速くなるタイプの頻脈性不整脈に対しても、カテーテルを使用した治療(カテーテルアブレーション)を行っております。
冠動脈に対するカテーテル治療のうち、特に急性心筋梗塞に対する治療は1分1秒を争う時間との勝負です。平成29年度、119例の緊急カテーテル治療症例のうち、救急外来に到着してからカテーテル治療開始までの時間は平均46分間であり、病院到着後平均61分間で、閉塞している場所を再開通させることに成功しています。いずれも非常に短時間で治療開始・成功に至っており、救急医療に強い当院の成果を表している数字です。術後の在院日数も平均13.3日と短くなっております。
一方、四肢の動脈硬化に対するカテーテル治療は血管外科と協同で行っており、症例数は福岡市内随一です。同様に不整脈に対するカテーテル治療も300件を越える件数であり、こちらも福岡市内有数の症例数です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 120 1.2 3.1 5.83% 61.0 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 74 1.0 2.7 1.35% 59.6 乳腺切除
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 73 2.0 12.7 20.55% 71.5 結腸切除(前日入院)
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 60 1.8 9.0 15.00% 76.2 AAAステントグラフト
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 44 0.7 3.2 6.82% 72.1 EVT
・手術を行う際、可能な限り外来にて術前検査を終了し、手術前日(全身麻酔の場合)あるいは当日(局所麻酔あるいは腰椎麻酔の場合)に入院していただくようにしています。また高齢者では術後の状態が安定していても、ADLの低下などで在宅での自宅療養が困難な場合は、連携施設へ転院し、ADLが向上した後に自宅に退院していただくことがあります。このような入院日数を短縮させる取り組みを行うことにより、超急性期病院としての役割、すなわち多くの急患を受け入れることが可能となります。
・下肢静脈瘤については、手術侵襲も軽度で、また比較的健常な患者さんが多いため、今後は入院治療から外来日帰り手術への変更を図ることになります。
・当院で施行する胆嚢摘出術は、高度な炎症を伴う急性胆嚢炎や、末期腎不全、虚血性心疾患などの重度な併存疾患を有する患者さんに対するものが多いのですが、他科とのチーム医療により、術後在院日数は年々短縮している傾向にあります。
・結腸悪性腫瘍手術では、低侵襲な腹腔鏡下手術の割合が増加していますが、後期高齢者の高度進行がんが多いため、連携施設へ転院後、ADLが向上してから自宅退院とすることがあります。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-3 植込型心電図記録計移植術 15 7.3 3.3 53.33% 69.1
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 15 3.5 7.8 26.67% 70.4 頸部内頸動脈ステント留置術
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0 16.7 61.54% 75.2
- - - - -
- - - - -
脳梗塞を発症した症候性および無症候性の高度頸動脈狭窄に対して、待機的に経皮的頸動脈ステント留置術を施行しています。術後合併症はまれであり、術後は自宅に退院しています。入院治療中に脳梗塞あるいは一過性脳虚血発作の再発を繰り返す場合には急性期に施行することがあり、その場合には、麻痺や高次脳機能障害に対するリハビリテーションを継続するために転院が必要となります。
発症から8時間以内の超急性期脳梗塞に対しては、tPA静注療法と組み合わせて閉塞脳動脈に対して経皮的血栓回収術(Penumbra、Solitaire、Trevo)を行い、良好な再開通が得られています。内頸動脈、中大脳動脈、椎骨・脳底動脈といった主幹動脈閉塞のために神経障害が残ることが多く、リハビリテーション病院への転院率が高くなっています。
原因不明の脳塞栓症の多くは潜在性の心房細動によるものが多いとされ、心房細動を検出する目的で、植込型心電図記録計の移植が増えています。心房細動が検出できれば、脳梗塞の再発予防に対して直接阻害の経口抗凝固薬を使用でき、予防効果が高まります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 92 2.9 15.5 78.26% 76.7
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 53 2.0 15.3 39.62% 60.0
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 45 4.5 17.2 93.33% 81.5 人工骨頭置換術・骨接合術
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 37 1.2 4.0 2.70% 51.5 抜釘術
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 26 2.0 15.8 46.15% 74.1 脊椎椎弓切除
当院の整形外科では外傷と脊椎と股関節を専門として手術をしています。骨折では大腿骨転子部骨折、大腿骨頸部骨折、橈骨遠位端骨折などの脆弱性骨折の症例が多いですが、骨盤骨折や開放骨折などの重度外傷の手術も積極的に行っています。脊椎では腰部脊柱管狭窄症を中心とした変性疾患のみならず、神経障害を伴った脊椎の脱臼骨折や破裂骨折などの脊椎外傷に対する手術も早期に行うように心がけています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) 21 1.0 4.6 0% 41.7 顔面骨整復術(腸骨移植なし)
K427 頬骨骨折観血的整復術 14 1.1 3.4 7.14% 39.0 鼻骨骨折・頬骨弓骨折
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 - - - - -
K0132 分層植皮術(25cm²以上100cm²未満)(K0132) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - - 局所麻酔下 眼瞼下垂
形成外科がある病院が限られているため顔面骨骨折の症例が多くなっています。上記以外にも他科手術の再建や合併症に対する手術を行うのが当科の特徴です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 67 0.6 10.9 29.85% 76.5 慢性硬膜下血腫除去術
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 33 0.7 20.6 39.39% 60.5 未破裂動脈瘤頸部クリッピング術
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 28 3.3 19.1 25.00% 62.4 脳腫瘍摘出術
K1742 水頭症手術(シャント手術) 26 4.3 18.2 69.23% 70.8 水頭症手術(V-Pシャント・L-Pシャント)
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 15 0.2 21.6 86.67% 63.7
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫手術例が最も多く、次は脳動脈瘤クリッピング術、頭蓋内腫瘍摘出、水頭症手術の順です。慢性硬膜下血腫、頭蓋内腫瘍摘出術、水頭症手術はいずれも高齢者に多く、今後の高齢者社会のためにさらに増加することが見込まれます。歩行障害や認知機能障害などの症状も術後に改善することが多いですが、社会復帰のために必要に応じたリハビリ転院も勧めています。
脳動脈瘤クリッピング術は未破裂ならびに破裂例で行っております。未破裂例では術後1週間程度の自宅退院が可能ですが、破裂例では必要に応じてリハビリテーション転院を行います。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 20 3.3 9.7 25.00% 68.6 胸部大動脈ステントグラフト内挿術
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 17 5.4 35.2 64.71% 63.8
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) - - - - -
- - - - -
ステントグラフト内挿術は高齢者(70歳以上)や開胸手術が高リスクの胸部大動脈瘤(弓部大動脈瘤、下行大動脈瘤)を対象に行っています。手技は低侵襲ですが、緊急手術、術前からの身体活動能力低下、呼吸機能障害や腎機能障害等の併存症合併率が高いため、術後回復に日数を要することが多く術後入院期間は平均2週間となってます。冠動脈バイパスを受ける患者さんの多くは糖尿病を合併しているため、待機手術では手術前の血糖管理を十分行って手術に臨んでいます。このため術前5~7日間を要しています。手術後は早期離床・リハビリテーションを行い早期の自宅退院を図っていますが、術後の不整脈(心房細動)や術前からの左心機能障害、創合併症により入院が長期化する場合があります。弁置換術(1弁)の多くは高齢者(70~80歳代)の大動脈弁狭窄症に対する人工弁置換術です。手術後早期離床・リハビリテーションを行うことで4割の患者さんは自宅退院が可能となってます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 214 1.1 4.1 0.47% 40.5 腹腔鏡手術
K867 子宮頸部(腟部)切除術 157 0.0 1.0 0% 39.7 円錐切除・子宮鏡下手術
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 121 1.0 5.1 0% 47.7 子宮全摘出術
K877 子宮全摘術 81 1.3 7.5 0% 50.9 腹式単純子宮全摘出術
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 43 0 1.0 0% 44.8 円錐切除・子宮鏡下手術
最も多い手術は良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡での子宮付属器摘出術です。
当院での手術症例は可能な限り外来での術前検査を行い、良性腫瘍、悪性腫瘍は腹腔鏡手術、開腹手術ともに前日入院としています。
子宮頸部前がん病変に対する子宮頸部切除術、子宮鏡下ポリープ切除は手術当日に入院し翌日退院となります。低侵襲で合併症のない症例が多いことから、今後日帰り手術も検討されます。
子宮筋腫や子宮腺筋症に対する子宮全摘術の場合、子宮が小さければ腹腔鏡下膣式子宮全摘術を行います。術創が小さく早期退院が可能となります。腹腔鏡での手術が困難な大きな子宮筋腫や癒着が予想される子宮内膜症、腺筋症に対しては開腹での子宮全摘術を行います。病状により腹壁術創が大きくなることもありますが、創部が小さい場合には術後日数の短縮が検討されます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 251 0 3.1 0% 74.8 白内障(片眼手術)
白内障(両眼手術)
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2423 斜視手術(前転法と後転法) - - - - -
手術では白内障手術を中心に行い、眼科手術の約90%を占めています。白内障手術は全例入院で行っています。白内障以外では緑内障や眼瞼下垂の手術を行っています。白内障に関しては平均年齢が70歳をこえ、比較的高齢患者さんが多くなっています。全身合併症や眼合併症のある患者さんが多く、原則入院での手術を行っています。白内障以外では、眼瞼下垂、緑内障、斜視手術などを行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 90 1.0 3.4 0% 50.5 副鼻腔内視鏡手術
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 88 1.0 5.4 0% 27.7 口蓋扁桃摘出術
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 19 1.0 2.9 0% 29.4
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 19 1.0 4.0 0% 51.7 全麻下頭頸部手術
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 18 1.0 2.4 0% 53.3 声帯腫瘍切除術
内視鏡下副鼻腔手術と鼻腔形態改善手術(鼻中隔矯正術や粘膜下下鼻甲介骨切除術)は同時に行っていることが多く、鼻腔形態改善手術は、この件数には反映されていません。
アレルギー性鼻炎に対する経鼻的翼突管神経切除術と内視鏡下副鼻腔手術も重複があるため、実際の手術件数はもう少し多くなります。
口蓋扁桃摘出術の中には、がんに対する組織学的診断目的での手術を含みます。声帯の手術のうち、単純な声帯ポリープではないものは、喉頭腫瘍摘出術としています。
頸部の腫瘍などに対する手術は、臓器別に細かく分かれるため、件数としては少なく見えます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.10%
180010 敗血症 同一 28 0.24%
異なる 55 0.48%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 93 0.81%
異なる - -
・播種性血管内凝固
血液凝固反応の亢進、血小板の活性化をきたし持続的に全身の細小血管内に血栓を生じ、諸臓器の循環不全、機能不全に至る重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入される場合もあり、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
・敗血症
皮膚や粘膜、種々の臓器の感染巣から細菌が血中に入り全身に播種される重症な感染症のことです。治療に大きな医療資源が投入される場合もあり、該当するDPCで高額な点数が設定されています。
・手術・処置などの合併症
手術や処置などに起因して発生した、主に術後の出血や創部感染などの病態のことです。手術の術式や患者さんの状態に関わらず発生する可能性があり、医療ミスとは区別されます。
・手術・処置などの合併症項目の内訳
ICDコード 名称 件数
T810 輸液、輸血および治療用注射に続発する空気塞栓症 22
T814 処置に続発する感染症、他に分類されないもの 16
T827 その他の心臓および血管の人工器具、挿入物および移植片による感染症及び炎症性反応 16
T818 処置のその他の合併症、他に分類されないもの 10
※10症例未満は割愛させていただきます。
更新履歴
2018/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2017/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を更新しました。
2016/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

病院実績

この病院実績は、病院のさまざまな機能を指標化して表したものです。このような指標を用いて、地域のニーズに応じた医療の提供ができているかを確認しながら、日々の診療を行っております。

01.年間新入院患者数

2017年度

11,753

一年間に入院された患者さんの数です。

年間新入院患者数

02.年間外来患者数

2017年度

152,360

一年間に外来を受診した患者さんの数です。

年間外来患者数

03.平均在院日数

2017年度

10.3

平均在院日数とは、患者さん一人一人が平均何日間入院しているかを示す指標です。当院のような急性期病院では、効率的な医療を提供し、患者さんの早期社会復帰の促進を示す指標としても用いられます。

平均在院日数
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:2016年度の年間在院患者延べ数
    分母:(2016年度の新入院患者数合計+退院患者数合計)/2

  • 参考値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:(年間新入院患者数+年間退院患者数)/2
    〔参考〕厚生労働省:平成28年(2016年)医療施設
       (動態)調査・病院報告(一般病床)

04.病床利用率

2017年度

87.1 %

病床利用率とは、病院のベッドがどの程度稼働しているかを示す数字です。
100%に近いほど空いているベッドが無い状態で利用されていることになります。

病床利用率
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:許可病床数(380床)×365日

  • 参考値の定義・算出方法

    分子:年間在院患者延べ数
    分母:許可病床数×365日
    〔参考〕厚生労働省:平成28年(2016年)医療施設
       (動態)調査・病院報告(一般病床)

05.救急車受入台数

2017年度

4,160

当院に搬入された救急車・ドクターヘリの年間台数です。

救急車受入台数

06.手術室手術件数

2017年度

4,358

手術室で行った手技件数です。

手術室手術件数

07.紹介率(地域医療支援病院の計算式による)

2017年度

86.9 %

地域の医療機関などから紹介された患者さんの割合です。

紹介率(地域医療支援病院の計算式による)
  • 当院値の定義・算出方法

    分子:紹介患者の数
    分母:初診患者の数

臨床指標

臨床指標(QI:Quality Indicator)とは

QIとは、医療の質を数値化することによって客観的に評価する指標のことをいいます。これによって、病院が提供する医療のプロセスや最終結果(アウトカム)の中に潜在している課題や改善点を見つけ出して、ひとつひとつ改善していくことができます。
当院では2012年に済生会「医療の質の評価・公表等推進事業」、そして日本病院会「QIプロジェクト」へ参加したことをきっかけにQI委員会を設立しました。当院独自の臨床指標に基づき、さらなる医療の質向上を目指し改善に取り組んでまいります。

診療プロセス

アウトカム

医療安全

チーム医療

治療・手技

救急医療

患者満足

その他

ページTOPへ