来院の方へ

入院費用について

入院費の支払いについて

img_nyuin_02.jpg
  • 1. 入院費用は退院時または月末締めで計算します。退院の際は、必ず退院日にお支払いください。月末締めの分は翌月13日頃に請求書をお持ちしますので、その後速やかに1階会計窓口でお支払いください。
  • 2. お支払いが遅れた場合には督促させていただくことがあります。万一支払いが遅れる場合には1階「入退院される方」の窓口にお知らせください。
  • 3. 入院時に預かり金をお預かりした場合は、退院日の入院費用支払い時にお返しします。
  • 4. 夜遅く入院した場合、朝早く退院した場合でも、滞在時間に関係なく当日の入院料・室料差額が発生します。
  • 5. 退院当日は、会計の準備ができましたら、病棟へ連絡しますので病室でお待ちください。
  • 6. 平成23年9月より医療費自動精算機を導入しています。ICカードやクレジットカードでのお支払いも可能です。

明細書の発行について

当院では、平成22年度4月の診療報酬改定に伴い、また医療の透明化や患者さんへの情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書発行の際に個別の診療報酬の算定項目が分かる「明細書」を無料で発行することとなりました。
この明細書には、

  • ・ 使用した薬剤の名称
  • ・ 検査の名称
  • ・ 診療行為の名称

といった患者さんの診療内容に関する情報が全て記載されることになります。
その点をご理解いただいた上で、明細書の発行を希望されない場合は、明細書不要の旨をお申し出下さい。 お申し出のない場合、診療内容の詳細を記した明細書をお渡しすることになりますので、ご了承下さい。

限度額適用認定証について

1ヶ月の医療費(決められた要件を満たす費用)が一定の額を超える場合、限度額適用認定証の申請をすることにより、決められた額だけを窓口で支払う制度があります。詳しくは、一緒にお渡しした別紙「入院費の窓口負担軽減について」をご覧下さい。尚、不明な点は1階「入退院される方」の窓口にお問い合わせください。

無料低額診療について

当院は社会福祉法人として、生活に困っている方の診療費を無料または減額(減免)する事業を行っています。詳しくは専任の相談員(医療ソーシャルワーカー)がご相談に応じます。
*生活に困っている方・・・生活保護基準に該当する方、またはそれを若干上回るくらいの生活をされている方

個室の利用料について

希望により個室を利用される場合は以下の室料差額をお支払いただきます。

部屋タイプ  1人部屋  2人
部屋
特別室A 特別室B A B C D E
料金(税込)  50,000 32,400 16,200 14,040 12,960 10,800 5,400 1,080
病室数  1 4 6 16 8 4 4 5
設備 浴室            
シャワー          
洗面台
トイレ
冷蔵庫
電話    
インターネット    
電子レンジ            
テレビ
ビデオ(DVD)            

インターネットをご利用の際はLANケーブルをご持参下さい。
テレビ・インターネット・ビデオの利用は有料となります(特別室は無料)。

ページTOPへ