看護師特定行為研修

特定行為区分

開講する特定行為区分

特定行為区分

当院では以下の5つの特定行為区分を開講します。

  • ○ 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • ○ 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • ○ 呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
  • ○ 循環動態に係る薬剤投与関連
  • ○ 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連

あらゆる分野で活躍する看護師が、臨床での活用をイメージできるよう2つのモデルで開講します。

クリティカルケアモデル

特定行為区分 特定行為
①呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • ・経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
②呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • ・侵襲的陽圧換気の設定の変更
  • ・非侵襲的陽圧換気の設定の変更
  • ・人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静剤の投与量の調整
  • ・人工呼吸器からの離脱
③循環動態に係る薬剤投与関連
  • ・持続点滴中のカテコラミンの投与量の調整
  • ・持続点滴中のナトリウム、カリウム又はクロールの投与量の調整
  • ・持続点滴中の降圧剤の投与量の調整
  • ・持続点滴中の糖質輸液又は電解質輸液の投与量の調整
  • ・持続点滴中の利尿剤の投与量の調整
④栄養及び水分管理に係る輸液による補正
  • ・持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
  • ・脱水症状に対する輸液による補正

在宅ケアモデル

特定行為区分 特定行為
①呼吸器(長期呼吸療法)関連
  • ・気管カニューレ交換
②栄養及び水分管理に係る輸液による補正
  • ・持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
  • ・脱水症状に対する輸液による補正
  • ●上記①②は必修
  • ●呼吸器(気道確保、人工呼吸療法)関連、循環動態に係る薬剤投与関連は、希望者のみ選択可。

研修スケジュール

カリキュラムは、「共通科目」と「区分別科目」からなります。
共通科目・区分別科目ともにe-ラーニングによる自宅学習を中心に、2~3日/月の集合研修を行います。
集合で学ぶ演習・実習以外の期間は、自施設で働きながら研修受講を進めることが可能です。
1~2月の区分別科目実習は、基本的に自施設で行っていただきます。

【研修期間】2020年4月6日~2021年3月19日(予定)

2020年4月 開講式 2020年4月6日
4月~9月 共通科目(6ヵ月間) e-learning(自宅).........194時間
演習・実習(集合研修)...49時間
科目試験(集合研修)......7時間
10月~12月 区分別科目(約3ヵ月間) e-learning(自宅).........22~75時間
演習・実習(集合研修)...3~17時間
科目試験(集合研修)......2~7時間
選択科目により時間数は異なります
2021年1月~2月 区分別科目実習 14~24日間 選択科目により異なります
3月 修了式 2021年3月19日(予定)
  • ●スケジュールは予定ですので、変更する場合があります。
  • ●区分別科目の実習期間は約2ヵ月ですが、実質の実習日は14~24日です。症例の多少や経験値により変動する可能性があります。

看護師特定行為研修

お問い合せはこちらまで

もしくは、以下の
お問い合せページをご覧ください

お問い合せ

ページTOPへ