薬剤部

薬剤部 - 主な業務内容

薬剤部 - 主な業務内容

病棟薬剤師業務

入院中、患者さんに対して薬物治療が適切かつ安全に実施されるようサポートし、また患者さんが退院後も継続して薬物治療を行えるよう服薬指導を行っています。
患者さんへの服薬指導だけでなく、持参薬の確認、副作用のモニタリング、処方設計支援、医薬品管理、他職種者に対する勉強会など、病棟における薬剤の適正使用の支援も行っています。

調剤室業務

当院は外来患者さんに対して院外処方箋を発行しています。
調剤室では、主に入院患者さんの調剤を行っています。処方箋の内容について、用法・用量・飲み合わせなどのチェックを行い、適正使用を確認したのち、調剤を行います。また、問題があれば、医師へ疑義照会します。
その他、外来患者さん、医師や看護師、調剤薬局からの問い合わせにも応じています。

注射調剤室業務

注射調剤室では、入院患者さんの注射箋について、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。
注射薬の中には混合すると濁ったり薬の効力が落ちたりすることもありますので、これも事前にチェックします。 また、問題があれば、医師へ疑義照会します。
その他、医師や看護師からの注射薬全般の問い合わせにも応じています。

薬品管理業務

医薬品の購入と保管そして各部署への供給と一貫した管理を行います。特に品質の管理(温度、湿度、光)には万全を期しています。
特に厳格な管理が求められる麻薬、毒薬、向精神薬については、使用患者または使用部署の記録を付け管理しています。
さらに、血液を原料とする血液製剤(特定生物由来製品)については、血液製剤カードの情報(製造番号や使用した患者さん等)を基に、管理記録を作成し20年間にわたって管理します。

抗がん剤調製業務

抗がん剤調製業務

抗がん剤が、安全に投与できるように、事前にレジメンを確認し、患者さん一人ひとりに対して、抗がん剤の適正な投与量、投与間隔をチェックしています。
また、医師や看護師が、抗がん剤に暴露するリスクを減らすために、抗がん剤の調製は、薬剤部で行っています。

製剤業務

院内製剤(市販されていない薬)を医師の求めに応じて作っています。検査部で使用する色素の脱色剤や放射線治療の際に用いるマーカー液など様々な製剤を調製しています。
また無菌製剤室では、クリーンベンチを用いて、無菌的な調製が求められる高カロリー輸液の混合調製、心臓血管外科の手術に必要な心筋保護液、、点眼薬やアンプルの注射薬も作っています。

TDM業務

さじ加減の難しい薬の血液中の濃度を測定し、患者さんにとって最も安全で効果的な薬物療法を医師とともに組み立てます。
当院ではコンピュータを使用し、より詳細な解析を行い、患者さんの状態にあわせた投与量や投与間隔の設定し、医療関連感染対策へ貢献しています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品に関する情報を収集・分類・整理・評価して医師や看護師などの職員に対し提供しています。緊急安全性情報などの急を要するものから医薬品の包装変更の案内、重大な副作用発生時のPMDAへの報告、医薬品の採用・中止の検討まで多岐に渡っています。

治験業務

主に内科・神経内科・外科・循環器内科などで治験を行っています。
薬剤部では院内で治験がスムーズに行えるよう、患者さんの対応から各職員間の調整など治験におけるマネージメント全般を行っています。
» 当院の治験に関する情報はこちら

入院支援業務

地域医療連携の推進により、かかりつけ医から手術目的での紹介も増え、また、医療技術の進歩と共に入院期間も短くなっています。患者さんに、より安全な医療を受けて頂くことを目的に当院では入院支援センターを開設しており、薬剤部では、入院予定の患者さんの常用薬の確認を行っています。

学生教育

次世代の薬剤師を育成するために、薬学生の実務実習を行っています。実習は、カリキュラムに沿って、薬剤師が関わる業務について指導しています。また、カンファレンスや勉強会などにも参加できるプログラムとなっています。

各種医療チームの一員として

患者さんの治療にあたっては、医師・看護師・その他の医療スタッフがチーム一体となって取り組んでいます。薬剤師は患者さんに最も適した、安全で効果的な薬物療法を行うために医療チームのスタッフと綿密な連絡を取っています。

●薬剤師が参加している医療チーム
・ICT(Infection Control Team)
・NST(Nutrition Support Team)
・CST(Cancer Survivor Support Team)
・がん治療センター委員会
●薬剤師が行っている患者さん向けの教室
・糖尿病教室
・心臓病教室
・脳卒中教室

薬剤師外来

がん薬物療法認定薬剤師が、外来患者さんを対象に、がん化学療法の指導を行う予約制の薬剤師外来を実施しています。

薬剤部

お問い合せはこちらまで

もしくは、以下の
お問い合せページをご覧ください

お問い合せ

ページTOPへ