診療科・部門一覧

内科 - 腫瘍内科

腫瘍内科

がんは先天的な要因(遺伝素因)および後天的な要因(感染症、ホルモン、炎症、変異原物質など)が関与し、遺伝子異常が蓄積した結果として発症します。腫瘍内科では主に胃がん、大腸がんなどの消化器系がんや、乳がん、頭頸部がん、腹膜がん、悪性軟部組織腫瘍、原発不明がんなどを担当します。進行した手術不能例や再発例を中心に薬物療法を行いますが、状況に応じて薬物療法だけでなく外科手術、放射線治療、緩和ケアの各担当医師とも協力し、患者さん一人ひとりに最善の治療を考えていきます。

がんの薬物治療(抗がん剤治療)はこれまで長らく殺細胞性細胞傷害薬いわゆる細胞毒を中心に進歩してきました。近年がんの分子レベルでの解明がすすみ、分子標的薬と呼ばれる薬剤が多数開発され、実際にいろいろながんで使われるようになってきています。さらにがん患者さんにおける遺伝子異常を調べて、患者さん一人ひとりに最適な抗がん剤を投与するということも一部のがんで可能になってきており、治療の進め方が非常に複雑になってきています。こうした時代の流れの中でがんの薬物治療を行うにあたっては、薬剤ごとの使い方やその副作用と対処法について十分な知識を有する医師、薬剤師、看護師が必要とされるようになってきています。日本臨床腫瘍学会はがん薬物療法専門医の認定を行っており、現在当院には計4名が在籍しています(化学療法外来の医師紹介ページはこちら)。

最近になって免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる画期的な治療薬が登場しました。現在国内では悪性黒色腫や一部の肺がんにおいて承認されていますが、今後さらに適応となるがんの種類が拡大すると期待されています。この薬剤を使用するにあたっては甲状腺や下垂体などの内分泌系の異常、重症筋無力症など神経系の異常、間質性肺炎など呼吸器系疾患など非常に多彩であり、重大な副作用や合併症が生じ得る可能性があることから、糖尿病・内分泌内科、神経内科、呼吸器内科など他の専門内科医師や看護師、薬剤師など他職種との連携が非常に重要です。

当院は救命救急センターを擁する三次救急病院であるとともに、地域がん診療連携拠点病院に指定され、専門内科の診療体制も充実しています。がんの患者さんは高齢であることが多いため、がん以外にも複数の合併症を抱えておられます。そうした患者さんに対しても各科と共同して診療できる体制を整えており、また地域の先生方とも密接に協力しながら治療を行っています。

当科の実績

2017年 入院症例の内訳

疾患 症例数
頭頸部がん 4
食道がん 5
胃がん 4
消化管間質腫瘍 1
大腸がん 3
乳がん 1
腹膜がん 2
神経内分泌がん 2
悪性軟部腫瘍 2
原発不明がん 1
合計 25
ページTOPへ