診療科・部門一覧

内科 - 膵・胆道内科

膵・胆道内科(日本胆道学会認定指導医制度指導施設)

明石・宮ヶ原を中心に、膵・胆道系疾患の診断・治療を行っています。特に総胆管結石や膵・胆道系悪性腫瘍に伴う閉塞性黄疸に対する内視鏡治療(乳頭切開・結石除去、stenting など)にも力を入れています。以下に内視鏡的逆行的胆管膵管造影(ERCP)の実績を示します。
内視鏡治療困難例や急性胆嚢炎に対しては経皮的処置(PTBD・PTGBD)も行い、外科とも連携して治療に当たっています。急性・慢性膵炎の治療、特に重症急性膵炎に対しては動注療法やCHDF、人工呼吸管理などの集中治療も常時対処が可能です。

当科の実績

検査・手技の年次推移

2015年 2016年 2017年
ERCP 250 223 201
内視鏡的乳頭切開術 69 68 66
内視鏡的乳頭バルーン拡張術 27 15 27
内視鏡的胆道ドレナージ術 63 83 73
PTCD、PTGBD 23 11 10
十二指腸ステント挿入術 0 0 0
胃瘻造設術 33 34 23
胃瘻交換術 59 44 50
ページTOPへ