診療科・部門一覧

内科 - 膠原病内科

膠原病内科(日本リウマチ学会認定教育施設)

平成24年4月1日より、膠原病内科を開設しました。当科では膠原病ならびに関節リウマチを中心とした診療を行います。
膠原病とは、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、強皮症、多発/皮膚筋炎、混合性結合組織病、血管炎、ベーチェット病、成人スティル病などの病気を含みます。
また、これらの病気以外にも原因のわからない発熱(不明熱)や関節炎についても詳しい検査を行います。
当院は総合病院で多くの診療科がありますので、患者さんの症状に該当する科へ適宜相談をすることができます。各科との連携をとりながら適切でかつ、患者さんの気持ちを汲んだ医療を行いたいと思います。

当科の実績

2016年 新患コンサルテーションの内訳

疾患
関節リウマチ 41
シェーグレン症候群 11
RF陽性(検査値異常のみ) 10
ANA陽性(検査値異常のみ) 10
脊椎関節炎 10
リウマチ性多発筋痛症 9
ANCA関連血管炎 8
変形性関節症 8
更年期障害に伴う関節痛 7
全身性エリテマトーデス 4
ベーチェット病 4
偽痛風 4
多発性筋炎・皮膚筋炎 3
強皮症 3
混合性結合組織病 2
再発性多発軟骨炎 2
IgA血管炎 2
結節性紅斑 2
痛風 2
パルボウイルス感染症 2
その他 64
合計 208
ページTOPへ